21世紀、発展し続ける住まいの住空間 伝統を守りながら、住空間を「心の空間」と考え人と空間、伝統、自然がより良い関係を保てるそして、全てにやさしい環境づくりをめざしております。
HOME 古民家再生

 ・古民家再生例
 ・古民家再生手順

小値賀島再生

 ・小値賀島再生とは
 ・小値賀島の今

新築リフォーム 会社概要 お問い合わせ

 輪 Collaboration

京都町家で過ごす Iori 庵          三井のリフォーム JUKEN
古民家・町家再生への想い
「古民家」とは、日本の職人の技と知恵によって建てられ、 現代まで何十年、何百年と残るすばらしい建築物です。 しかし、様々な理由で古民家が取り壊されています。 日本の風土・気候に適した、そして何より長い年月の間、 地震・雨・風にも耐えてきた古民家は、残しておくべき財産です。
ただし、ライフスタイルは変わりつつあるので、その家の良さを残し、 出来る限り廃材を出さずそれでいて、現代人の生活や感覚に溶け込む 新しいものを取り込み、古いけれど快適な空間を創る事、それが、 古民家再生だと考えています。
株式会社UFNコーポレーションのあるここ京都にも、京町家と言う京都独自の古民家があります。 京町家の多くは、間口が狭く奥行きの長い土地に建てられており、 「うなぎの寝床」と呼ばれています。 京町家ならではの建物の特徴も多く、玄関土間は墨モルタルと呼ばれる黒い土間、 虫籠窓(むしこまど)や、瓦は一文字葺きなど、どれも今見ても美しいデザインです。 その京都の伝統と文化を支えてきた町家も、町の発展とともに取り壊され数少なく なりつつあります。 日本には、伝統や地域の歴史を伝える古民家が数多く 残っています。それを壊すのではなく、受け継がれたすばらしい財産に 手を加え、できるだけ廃材を出さず再利用し、大切に親から子へ、 子から孫へ、後生に伝え住み継いでもらいたいと思っています。 昔の家には、先人の様々な知恵が入ったいい所がたくさんあります。 こうした貴重な財産を守り後世に伝えていくことは、現代に生きる私達の 使命であり、地域の活性化につながるものだと考えます。 京都に拠点を置く株式会社UFNコーポレーションでは、全国各地の古民家 そしてこの京都のすばらしい文化財産を守り、 残すべく古民家再生に取り組んでおります。

➡古民家再生例はこちらから

➡古民家再生手順はこちらから